【Day12】夜と朝の境界線へと

目を開けた。ここ何日かと同じく二度寝できないプレッシャーを抱え、起きそうな自分とそれを抑え込もうとしているもう1人の自分とが、起きる起きたくないの駆け引きをしている。長い時間そんなことをしていた気がする。実際には何分か下手すると何秒という短い時間なのか。結果は同じでどこかのタイミングで目が開いてしまう。

恒例のスマホで時間チェック。はい、嫌な予感はしたが4:23なり。

ベッドに入ったのが1時。すぐ寝たと過程して3時間半ほど。全然休暇日になってないやん。日曜のこの時間に起きてしまってこれからどうしてくれようと文章を打っている今この時点で4:50と約30分の経過。依然として外は暗いまま。日の出は6時半頃らしいのでビーチでご来光チャンスするとして、出発は1時間以上後。

今ふと計算してゾッとしたのが今日の時間。明日は通常日なので基本設定の3時〜6時の3時間寝るとする。てことは、今日3時まで寝れないとすると、22時間半も時間がある。しかも何も約束しないと1日1人で過ごさねばならない。これは辛いかも。平日はともかく休日をどう過ごすかは何か考えないといけない。これもショートスリーパーあるあるなのかもしれないな。

時間を持て余し気味だったので少し早めに朝ランに出発。うん。暗い。
でも海に着いたらご褒美をもらえた。神秘的な夜と朝の境界線との邂逅。

雲が少なかったのでその後のご来光もバッチリ。江ノ島と反対側を見ると富士山もくっきりと見える。これは極上のパワースポットやぁ!!なんて声に出して言ってはいないがそれくらい感動した。元々ランニングとかやれないタイプだと諦めてたけど、この場所なら続けられそうな気がした。がんばろう。

今日の1曲はこちら。出だしのDr聴くだけでアガる。BPMが足の回転速度より若干遅いからストライドを伸ばして飛ぶように走ってしまう。ま、気持ちよければなんでも良いのだが。

Waitress, Waitress! – Champagne(改め Alexandros)

朝ランたっぷり目に時間をとったけど昼からも時間があったのでジムで筋トレも敢行。そ、そら恐ろしいぞ。こんなことが続いたら過去イチの健康体が手に入るだけでなくスッキリ細マッチョボディに仕上がってしまうかもしれない。短眠修行という恐ろしいものにトライしているからそれ以外のことは小事だと思えるのかもしれない。これも短眠の効果効能のひとつかもしれない。

夕方からは友達とオンラインゲームを楽しみ、買い物に行って夕飯を作って食べ、ブログ書いたりしてる内に夜も更けていった。お風呂も上がったしのんびり明日の準備して読書でもしながら寝る時間を待とう。それではまた明日。おやすみなさい。

Day12 11/25 睡眠 3.23h(自己) 体重 64,4kg

< ショートスリーパーDay11ショートスリーパーDay13 >

1年 ago

2 Comments

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です