【Day2】気持ちいい起床を手に入れたという錯覚

7時10分起床。
残念ながら携帯のアラームに負けた悔しい朝。
昨日はアラームに頼らず起きたのに。

眠りの中でアラームが鳴る前に少しだけ起きた気がする。気のせいかもしれないし夢かもしれない。正確にはよくわからないがそんな感覚があった。
目は開けずに起きかけている自分を感じ、まだ寝ていたいから目を開けないでおこう。そんな思考があった気がする。

はっきりとアラームを感じた瞬間、飛び起きて寝室を出てアラームを止める。

昨日のてつを踏まないように、先生からもらったアドバイスを活かしてテキパキと行動する。お湯を沸かして即着替えてベランダに出てみる。
ちなみに部屋は1階でベランダ側は道路。駅前で割と人通りもある道路。7時も回っているので駅へ向かう通勤チャリが断続的に前を通る。
昨日のような地獄の時間を過ごすくらいなら恥ずかしい方がマシ。お構いなしにベランダで軽く身体を動かす。気持ちいいかもしれない。断じて視られていることに快感を覚えた訳ではない!(と信じたい)

部屋に戻って白湯をすすりながらパソコンを立ち上げる。
今日のタスクを確認しながらしばしゆっくりと時間を過ごす。
うん。なんだか今日は調子がいいぞ。このタイミングでここまでの日記を書いた。

この日は昼間に一度だけ15分間の仮眠をとった。タイミングとしてはお昼ご飯の後。それだけでほとんど睡魔に悩まされずに済んだ。

そして夜、帰って来てからジムを調べる。
今回のこの短眠修行の間に、運動不足の解消も合わせてしてしまおうと考えた。実際にショートスリーパーになった人のブログに、姿勢の悪さがクリティカルと書かれていた。起きてる時間が長いということは、それだけ重力に逆らっている時間が長いということだし、身体も鍛えておいた方がいいということだから。
いくつかのジムを比較して今週末に入会しに行くことに決める。

0時頃、ひと通りやるべきことを終えた後、おもむろにPSVRを立ち上げてFIRE WALLをはじめる。ひとしきり遊んだ後でお風呂につかる。ゲームのせいで昨日より少し遅く3時頃にベッドに向かう。明日も平和に起きれますようにという祈りが叶わないことをこの時に知る由もなかった。

Day2 11/15 睡眠 4.25h(アラーム) 体重 64.0kg

< ショートスリーパーDay1 │ ショートスリーパーDay3 >

2年 ago

2 Comments

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です