【Day8】はじめての休暇日

6:45起床。休暇日と言っても仕事の話ではない。あくまで短眠生活のお話。名誉のために断っておくとサボった言い訳でそんなこと言ってる訳ではない。

昨晩は少し早めの2時(十分に遅いが)に眠りにつき目覚ましのセットは最低限の保険で7時とした。目覚ましに気づかないなどの事態さえ無けれあ5時間程寝て起きることになる訳だが、実際は自然と目覚めた。

後はいつもと同じ感じで朝の時間を過ごす。遅めに起きたとは言えど短眠生活をはじめる前と比べると全然余裕がある。ところで今日の眠気はというと昨日と比べて辛さが約半分ってところか。寝た時間が長かろうが別段頭がスッキリする訳じゃないということ。

ブログを起こしはじめても倦怠感が抜けない。昨日と同じく塊魂をしてみるものの今日は効果がなく。辛さは半分になっているものの、60分ほどの睡魔と戦う地獄のワインディングロードはやはり長い。ようやく脱出の気配が見え始めた頃には出発の時間だった。

 

昨日の朝、塊魂で目が覚めた理由として「音楽」だったのでは?と思い至った。
ので、出勤時に短眠に気持ちいい音楽ってあったりするのか!?と模索しはじめた。いや、そもそも一定のリズムを刻まれると眠くなるって話もあるし逆にダメなんじゃ!?なんて思考も走りつつではあるが、楽しむことが大事だから。

結果、今日の短眠者におすすめの曲はコレ。これ聴いて歩いてる時に脳がスッと軽くなった(気のせい?)


ミュージック by サカナクション

 

そして今日のハイライトはランチ後。いつものようにカミンのつるぎをブン回して睡魔退散と思いきや倒しきれず。そのしつこさたるや。落ちる寸前になりながら耐える辛い地獄ターンに突入。仕上げたい資料もあり手を止める訳にもいかずの時間を過ごす。ゆうに2時間はあった。

思い返せばこの時、誰かと話して気分を変える、外に出かけて散歩してみるなど、行動を変えてみれば良かったかもしれない。あと、窓際で温かいところに移動して仕事してたのも良くなかったのかもしれない。ああなったらもうどうしようもない。

夜は仕事仲間の舞台を観に行った。移動の電車が立ちっぱなしだったためカミンのつるぎも鞘におさめたまま。睡魔が来るんじゃないかと不安だったが幸いやってこず。コンテンポラリーな舞台を楽しんでからの帰宅。

お風呂に入りながら先生のサポート動画を観ていてとてもヒントになったことがある。ノウハウは出せないので具体的な教えは書けないが、自分が解釈したことで言うと、睡魔の予防に使えるマインドセットとして自分本位にならないことだ。そこから生まれる行動が変えてくれるはず。

そしてそんな思考とは関係なく明日の朝やってみようかと思いついたのはランニング。どうせ起床後に1時間もうだうだするリスクがあるなら、強制的に身体を動かしてしまえばいいやんという単純な思考。とりあえず海まで走ってみよう。メインとなる仕事場の関係で今年の頭に茅ヶ崎に引っ越してきた。その地の利をようやく活かす時が来たのだ。

Day8 11/21 睡眠 4.45h(自己) 体重 63.5kg

< ショートスリーパーDay7 │ ショートスリーパーDay9 >

1年 ago

2 Comments

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です