【Day33】ランニングトゥーホライズン

今日も休みなので多めにランして来た。昨日より15分早く起床している&薄い雲が空の低い位置にたなびいていたのでビーチに出た時にちょうど日の出のタイミングだった。

特にフィルタ加工しないでこんな感じ。

まさにランニングトゥーホライズン by 小室哲哉ですよ(何が?)昨日のタイトルに引っ張られて書いただけだがせっかく書いたのでYouTubeで探して貼っておくが、別に朝ランする時に聴いて気持ち良くなったとかではない。そんな認定はしない。でも嫌いじゃない。むしろさっき聴いて好きかもと思ってしまった。もう歳だからだろうかきっとそうに違いない。

さぁ気を取り直してもう少し続けよう。まずはしくじったと思うことを忘れない内に。

今は完全に覚醒していて大丈夫だが、ほんの30分くらい前、斜め右後方に身体が重力に引っ張られてそのまま自由落下してしまいそうになった。椅子に座っていたのだが身体は45度以上は傾いていた。もう一歩踏みとどまるのが遅ければ多分倒れていたと思う。

こんな大きな睡魔を迎え入れてしまうとは不覚・・・・と反省しつつ原因を考えていたのだが、行動的には、「朝ラン後シャワーを浴びてから朝ごはんを食べながら暖房の効いた温かい部屋の中でPCで講義動画を見ている」という状態(もちろん今これを書いててやばい条件揃ってんなぁ〜と思う訳だが)。事件が起こったのは、眠気を感じたので時々立ち上がってストレッチしては座ってを繰り返していた時だった。

で、よくよく考えれば昨日の午前中も同じようなシチュエーションで同じように強めの眠気が来てた気がする。落ちたりまではしなかったと思うが。平日であればそろそろ外に出て電車に乗ってオフィス移動や、日によっては打ち合わせがはじまっている時間帯だ。それと比較してもこれはやばいなってのが明白。

うん。書いててまずいポイントはわかった気がする。今度同じ状態が立ち上がりそうになっても同じ失敗は繰り返さないようにしよう。変えるべきポイントはいくつかあって、強めの眠気を感じる前に椅子から離れて動くことと、あとは暖か過ぎるので暖房は早めに消そう。それだけでもだいぶ違うはずだ。

 

話は飛ぶが、金曜日に先生に部屋の温度と湿度をチェックできる環境にした方がいい&湿度は60%くらいまで上げておいた方がいいと聴いた。ショートスリーパーの短眠生活には直接関係ないが、風邪の予防としはという観点で。ごもっともと思い昨日仕入れてきて部屋に設置した。そしてこの部屋に越してはじめて加湿器も設置した。どのくらいの湿度になるのかなと思っていたが、昨日からつけっぱにして60〜70%で安定している。なんとちょうど良い。

ちなみに昨日は朝ハードに動いたからその後は家を中心に割と狭い範囲での活動に終始したが、非常に快適な1日だった。少し前に丑三つ時の日記で書いた通り魔を迎え入れてしまうかのうせいあgラン戻りの電車の中でやることをピックアップしておいた。枯渇して時間が余ってしまうことのないように。昨日うまくいったので今日も同じようにやってみようと思う。

あ、あと、これは今日昨日気づいたことなのだが、多分、昨日ひとこともしゃべってない。ついでに今日もおひとり様の予定なので下手するとしゃべらない。2日間通して誰ともしゃべらないとか社会不適合感がにじみ出るなぁ。まー短眠にゃ関係ないからいっか。それより今日は重力に引き込まれやすい日っぽいので気をつけよう。

 

Day33 12/16 睡眠 3.00h(アラーム) 体重 64.4kg 朝ラン 8.41km/56:12

< ショートスリーパーDay32 │ ショートスリーパーDay34 >

 

 

 

 

11か月 ago

2 Comments

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です