【Day87】2.0時間睡眠の扉の向こう側

2.0hの壁が意外と低いのかもしれないと漠然と感じた今日。休暇明けの昨日を経て今日は2.0hの2日目。初日を迎えてすぐ休暇日を挟む作戦が功を奏したか、そんなことじゃないのかもしれないけど、とりあえず今日は調子いい。もう少し苦労するかなと思っていたよね、正直。

明日に山やら谷やらが待ち受けているやもしれないので楽観視はできないか。それに今日もまだこっから時間あるし、むしろ苦手なのはこっからの時間帯の方だし油断はできないか。とは言え、まだこの後カミン様の召喚を一度使うタイミングがあるし、問題はないだろうと思うんだよね。

ジム終わりでごはんを食べて帰って来て23時半。録画したドラマを流しながらこのブログをゆるゆる書いて今に至るが、そろそろ仕上げにかかっていこうか。だんだんスイマーが自由形に切り替えて接近してくる気配を感じるしな。

今日は目立って書くネタもないので短めに締めようと思うが、夜オフィスを出る前のカミン様との遭遇時に気付いたことを忘れないように書いておこう。

安心できる空間では労せずスッと入ってしまえる訳だが、今日は洗い物した後で両手が冷たいままに入ろうとしたので、入の数分だけ入り辛くて少し苦慮した。手のストレッチなどして温めながらその流れで無事終えたわけだが、この時にやったことが効果的に感じるので書いておく。目玉をまぶたの中央気味の位置に移動させてくると強烈にスイマーがタイムを縮めてくることがわかってきた。なんとなくこの感覚はあったが今日ので確信につながった。少なくとも自分に対しては正しい手順な気がするのだ。今後も使えるはず。

さて、よどみ無く就寝までいくため夜のルーティンに入りますかね。ジム行って来た疲労がまだ残ってはいるがそこをさらにいじめていくよね。

2019/02/09 パリス

10か月 ago

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です