サーフィン復帰ならず残念!

先週末で骨折してちょうど3ヶ月が経過した。
そして少なくともそれ以上ぶりになるサーフィンに久々に出かけてみた。
春夏向けのウェットスーツも新調してワクワクしながら行ってきた。ちなみに天候は曇天小雨で波が少ないというあまり良くないコンディションだった。が、そんな写真を載せても映えないので、こちらは今朝走った時に撮った江ノ島水族館前の写真。やっぱ青い空、青い海がいいね。


2ヶ月遅れたサーフィンデー

元々は新居に移動してすぐの4月に行きましょうって言ってたサーフィン。骨折の治癒を待って6月に設定したサーフィン。まだ完調ではないものの先延ばしは嫌だったので決行することにした。
土曜日の夜に友人2人が前泊しにやってきて夜は宅飲み。朝は早朝からと思いきやのんびり9時開始の教室で出かけてきた。

レンタルボード&スクールも提供しているMISTYさん。

🔗 1984年設立。湘南江ノ島の海と共に歩み続けてきた老舗サーフィンスクール ミスティ湘南江ノ島

レンタル+スクールで4,500円とお値打ち。
昨日は友人がスクールで指導をうけている横でプカプカ浮いて見学してた時間帯がほとんどだったのだけど、とっても親切。特にいいなーと思った出来事はスクール開始前のひとコマ。

MISTYの強面で素敵なインストラクターさん

スクールのメンバーが体操とかしてる間に、1人のインストラクターが波打ち際まで歩いて来た。僕はスクールのみんなから少し離れたところにいたので、ちょうどその間くらいの位置。

何か大きな石みたいなものが落ちていて、それを取りに来たようだった。が、石が相当大きくて持ち上がらない感じだったのでお手伝いしに行った。が、しかし、左肩に力が入らず役立たず。2人でなんとか石を転がして浜に上げ始めたらもうひとり別のサーファーさんが手伝いに駆けつけてくれて、3人がかりで石を危なくない場所まで上げきった。あのまま石が波打ち際にあったとして、サーフボードで突っ込んだら間違いなく損傷するからね、良かった。

強面だけど海にもサーファーにも優しいインストラクターさんがいるスクールに今回友人を預けられたことにほっこりしたよね。甥っ子が今度サーフィンしに来たいって言ってたけど、またMISTYさんにお願いしようと思った。

サーフィンできたのか!?

タイトルでオチてるので今更疑問系で書くのもなんだが、結論、全然できなかったよね。まずパドリングができない。なんとなく水かきみたいな手の動きはできるようになってたのでいけると思ったのだが、海に入ってすぐにそれが甘い幻想であったことを思い知らされた。水をかくことはできるが、回して前に出す動作ができない。痛みで上げれない+筋力が無くて上がらないの二重苦によりアウト。海に入ってものの数分で今日はラッコ確定である。

腕が上がらなくても日常に必要な動作はだいたいできるうになって生活の苦労は減ってきた。それこそ少し前はシャンプーで頭を洗うのも右手のみだった。左手を頭の上に持っていくこともできないし、背中を洗うこともできなかった。徐々にそれができるようになってくることで、だんだん辛さも忘れていく。

動かしたようにだけ回復していくなら、日常生活だけしていては、パドリングのような動きはいつまで経ってもできないかもしれない。リハビリの中にパドリングの動きを取り入れていけば割と早くできるようになるかもしれない。今週末にでもまたサーフィンに出かけるために積極的にリハビリに励もうと思い昨日から腕をグルングルン回している。オフィスでその姿を見かけた人から「なんですかそれ?」って普通にツッコまれたよね。元々変な人と認識されているので問題ないけど、ちょっと気をつけないとね。

 

朝ランもはじめられたしサーフィンももう少しでできそう。あとは筋トレだな。これはちょっと考えていることがあるので次のブログででも書こうかな。

6か月 ago

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です