【Day36】車両移動ゲーム

今日の目覚めはものすごくスッキリしていた。何故かはわからない。昨日は電車でしくじりまくって反省した日であり、早めのジムからの帰宅で夜に余暇が多くて最後の1時間は結構がんばって耐えたりと、そんなに今日に弾みをつけるような良い仕込みができた日ではなさそうな気がしている。寝る前と寝た後で直接的な因果関係はないと言うことかもしれない。

今、電車でこれを書いている。既に朝の家での予定はこなして早めにオフィスに向かっている。その予定の中には朝ランも朝ごはんも含まれている。すなわち電車に乗る条件的にはあまりよくない。やはりというか当然というかスイマールがドリブル突破でバイタルエリアまで攻め上がって来たよね。

幸い家からオフィスまでは3駅+2駅で間に乗り換えを挟む。その乗り換えリフレッシュにより侵攻を食い止めてなんとかなった。が、正直間に乗り換えインターバルがなかったらやばかったかもしれない。対策としては、座らないに加えてもたれかからない。しかもブログの文章を起こしながらの移動だったのに、それを乗り越えて眠くなってしまうのだからちょっと厄介だ。

今日は夜に都内に出る予定がある。つまり往復1時間ずつ電車紀行が入る。さてどう対峙するか戦々恐々である。戦略を立てておかねば一気にのみこまれることうけあいだからな。今パッと思いついた対策があるので簡単に書いておく。

名付けて

車両移動ゲーム

それではゲームの内容を説明しよう!(今から考える)

駅に停車する毎に降りて車両を移っていく簡単なゲームである。仮に鎌倉〜渋谷だと車両が15両で駅数は10もない。1両目からスタートして1両ずつの移動では端っこまで届かない。如何に停車時間が長い駅で移動する車両数を稼ぐかの戦略が大事だ。もちろんホームを走るのは禁止だ。電車運行の妨げになるようなことはしてはいけないのだ。

ゲーム攻略の最大のポイントはグリーン車。グリーン車には触れてはいけないため強制的に車両2台分の移動が入る。ここで停車時間が短かったら乗りそこねて次の車両を待つというペナルティが課される。グリーン車をどの駅でこなすかが勝敗を大きく分けるのだ。人がたくさん乗り降りする駅は必然的に停車時間が長くなるが、乗り降りする人が多いと障害物競走の様相を呈してくる。しかもグリーン車はだいたい階段付近などの良い位置にあるため混雑を生みやすい。

あともうひとつ忘れてはいけないのが車掌さんと駅員さんの目。そんな奇行を毎駅繰り返していると目をつけられる可能性がある。捕まりはしないまでも注意を受けた時点でゲームオーバーとなってしまう。乗客の流れにうまく身を隠しながら目立たずに車両を移動し続けられるかも隠れた攻略ポイントなのである。

うん。なんだか楽しそうになってきた。何も試さず漫然と臨むのが一番良くないのでね、夜までにこれ以上の妙案が出てこなければそれで行ってみるしかない。車両移動ゲーム。がんばってみよう。てか、名前がかっこ悪いな。なんかいいネーミング考えよっと。

 

Day35 12/19 睡眠 3.0h(アラーム) 体重 64.5kg 朝ラン 6.07km/38:29

< ショートスリーパーDay35 ショートスリーパーDay37 >

1年 ago

2 Comments

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です