【Day51】ひとり箱根駅伝

 

世の中の帰省ラッシュの波に乗って大阪から茅ヶ崎へ戻ってきた。

朝起きてすぐ移動だったので今日は久々に朝ランをお休みした訳だが、ちょうど茅ヶ崎駅に戻ってきた瞬間、箱根駅伝の応援していた人達で溢れていた。毎朝走っている辺りはまさに箱根駅伝のコースとなっていることを思い出した。こっちにいたら応援に行ってみても良かったな。

その後テレビで箱根駅伝を見ていて思った。ひとり箱根駅伝やってみようかな・・・?ダメかな?おもんないかな?

ひとり箱根駅伝という発想と問題点

箱根駅伝をちゃんと見たことなかったのだけど、今は自分が毎日走っているからか、見てて触発されて同じコースを走ってみたいな〜と思った。往復はしなくていいのでなんとなく往路だけ。箱根の山を登ってゴールがいいし。同じ日ではなくていい、というか連続10日でなくていいので、例えば土日を使って10区をひとりで走り切る。

なんだか楽しそうだなと思ったのだけど、問題点もいくつか思いついた。

1つ目は走るコース。勝手に走るのだから車道は走れない。信号待ちもあるだろうし気持ちよくは走れないだろうなと。この前鎌倉まで18km走った時も信号で止められた時は気持ちよくなかったからな。

2つ目はタスキ。それより問題なのはタスキを引き継げないことかも。今日箱根駅伝を見てて思ったが、タスキを渡された人の多くはただ受け取って走り出すのではなく、肩をポンポンと叩いたり、軽いハグをしたりしつつ、がんばった前走者の健闘を笑顔でたたえてから自分の戦いに向かう。どの大学もだいたいそうしていた。

きっと駅伝の一番ぐっとくるシーンはそこなんだろうなと思った。なので、ひとり箱根駅伝でそのシーンが無いのは致命的。

そんな問題点はありつつも、ひとり箱根駅伝はやりようによって面白い企画になりそうな気がする。フルマラソンの練習にもなるだろうし新しい今年の目標のひとつとして本気で考えてみようかな。

と、新しいお楽しみネタを思いついたところで今日は終わりにしておこう。

Day51 1/3 睡眠 3.0h(アラーム) 体重 -kg 朝ラン お休み

< ショートスリーパーDay50 │ ショートスリーパーDay52 >

11か月 ago

2 Comments

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です