【Day52】実り多き帰省

新年初の茅ヶ崎ビーチでの朝ラン&サンライズ。やっぱ町中走るより断然気持ちがいい。ここに来るだけでエネルギーをもらえる気がする。太陽と海やっぱすごい。今日は久々にアラームの30分近く前に目が覚めた訳だが、これも茅ヶ崎の太陽と海に呼ばれたのかもしれない。

あ、、、なんかスピリチュアルな感じになってしまった。全くそんなつもりもそういうタイプでもないのだが。ショートスリーパーでスピリチュアルなんてやばすぎるやないか。

いやでもね、今日撮った写真を上げておくよ。そんなスピリチュアルな書き方したのもわかってもらえる綺麗さ。パノラマで撮影したから昇る太陽と反対側遠くに見える富士山もご一緒にどーぞ。

ブログに上げる写真って横長の方がいいなと思ってたので、パノラマ撮影は意外とハマるなと思った。今後も活用しよう。

さて、今日のネタは朝ランではなくて(十分書いたけど)、今回の帰省で行き帰りともきれいにスイマールを抑え込めたので、その話を書いておきたい。

新幹線で絶妙な戦略とフォーメーションによりスイマールを抑え込んだお話

ザイライマン(在来線)は車両移動ゲームでスイマールの侵攻を防げるようになっているが、シンカリオン(新幹線)はそもそも駅での停車があまりなく、指定席なので車両移動もできない。というより指定席で窓側に行ったら軽々に通路にすら出れない。しかも乗車時間も長い。この強者っぷりに乗車前から敗北宣言してしまうほどに対策できていない状態だった。

そして今回の対策は2つ。スーパーマリオオデッセイとあえての通路側選択。

1.スーパーマリオオデッセイ

これは単純なようで意外と深い観察の元で選択したゲーム。まずゲームならなんでもいい訳ではない。短眠向きのゲームがある。もちろん個人差はあると思うけど。書き出したら割としっかりまとめることがあったので、日記ではなく別で気づき記事として起こしておきたいと思うが、ざっくり書くと「本格ゲーム機によるアンコントローラブル&アドホック」が重要な要素であり、これを満たすのがスーパーマリオオデッセイと予測を立てて採用し、こればバッチリハマった結果である。

一点だけ盲点だったのは、長時間、シンカリオンに揺られながらプレイすると酔いが来てしまうという点。これはこれでマイナス要因となってしまうので、1時間以上の移動の場合は休憩時間のはさみ方など工夫は必要かもしれない。

2.通路側の選択

シンカリオンも上位機体ののぞみだと窓際にコンセントがあるのでそれを使いたくなるが、それを捨てても採用すべきは通路側。混雑していなければ車両の最前部か最後尾を取れば電源問題は解消できるので、最前部もしくは最後尾の通路側がショートスリーパー修行者にとって最善の選択だといえよう。

メリットはいくつかあるが、まずは自由に立てる。連結部の空気は冷たくリフレッシュできるので、危なくなったら立ち上がって移動すればいい。ちなみに選ぶべき最前部もしくは最後尾は連結部の傍であることも好材料であるし、駅に停車した時は外に出ることもできる。他にも要素はあるが、これも気づきとして別途まとめたいと思う。

 

今回この2つの対策で往復のシンカリオンでスイマールの侵攻は一度も許さなかった。よくいく名古屋ではなく大阪までの移動だったのでいつもより乗車時間が長かったにも関わらずの結果なので、これは対策として認定して大丈夫であろう。

またひとつショートスリーパーへの道に大きく立ちふさがっていた壁を攻略できた。

今回の帰省では普段とは違う生活環境に身をおいて乱れず、往復の移動でも壁を乗り越えるという、非常に実りの多いものとなって大満足である。

 

Day52 1/4 睡眠 2.37h(アラーム) 体重 65.2kg 朝ラン 7.14km / 38:43

< ショートスリーパーDay51 │ ショートスリーパーDay53 >

10か月 ago

2 Comments

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です