10kmラップ5min/km達成。レースに向け準備整った。

いよいよ今週末、人生初のマラソン大会に出る。今回挑むのはハーフマラソンなのでそこまで気負わずいけると軽い気持ちでここまで来たものの、やはり直前になるとそれなりの緊張感はあるものだ。A判定出てる大学でも入試は緊張するよねって大学入試受けてないやつが説得力のない例えをしてしまったな。準備の過程で色々気づいたことがあるので、大会前に軽くブログにまとめておく。

自分にあった道具を選ぶ

先週末、大会に向けて道具を揃えようと思いスポーツショップに行った。ひとまずシューズを買おうと決めて物色。練習用のばかりでレース用のは持っていなかったので、1足はレースに出る用のものを持ってもいいかなと。4〜5min/kmという目安のものを買った。最近本気を出せばそのペースで走れるようになってきているのでってのは次のカラムで書くんだった。

で、この日買った道具の中で1つ事件を起こすものがあるのでそれに触れたい。ずばり「靴下」である。ランニング専用の靴下なるものを買ったのだが、これが全然合わなかった。かっこいいんだけどな。

一昨日の朝ランでその靴下を履いて走ったところ、数百メートルで足に異変を感じはじめ、1kmも走らない内に足が痛くて痛くて仕方なくなった。土踏まずのところの圧迫が良くないんだと思った。なんとか堪えて走りきろうかなと思ったその気持は長続きせず、1kmを超えたあたりでUターンして自宅に戻って靴下を交換。靴下さえ交換すれば痛くなくなった。

ちなみに普段の靴下は3足1,000円とかの安物で、今回買ったのは1足1,800円という雲泥の差がある。しかしそれとは反比例していた。高けりゃいいってもんじゃない。自分に合うものの選定が大事だなと改めて思った。

買ってきた時に靴下は当日ぶっつけでもいいかーなんて思ってたけど、お試しランしておいて本当によかった。当日これ履いて走りはじめてたら完走できなかったと思う。会場に替えの靴下を持っていってればいいが、おそらくそんなことはしない。まさか靴下で走れない程足が痛くなることがあるとは想像できてないし。本当に危なかった。

練習の照準を本番に合わせる

基本、朝ランは毎日している。雨の日など悪天候すぎる日は除くが基本毎日。習慣とは怖いもので、朝起きたら走りに行かないとなんか気持ち悪い身体になってしまっている。こう書くと割と難儀な身体なんじゃないかとまで思ってしまうな。

が、しかし、今週はあえて毎日走るのをやめている。雨が続いて2日くらい空いて走る時は調子が良い気がする。なんとなく足が軽い感じがするとかってレベルだけど。やはり疲労ってのはある程度蓄積していくもので、休ませることも大事なんだろうと思う。本番目前にしてもっと走り込むべきかとかも思ったけど、試験みたいに一夜漬けが効くようなもんではないし、休ませて調子を整えながら本番をむかえる計画にした。

昨日は休養日で今日がラストの走り込み日、明日は軽く流して調子を整えて、レース前日は休養という計画だ。

今日は本番に向けたテーマをひとつ設けて走った。骨折前に走ってた時のひとつの目標だった5kmを25分以内で走る、つまり5km走る時のラップタイムを5min/kmで走るというもの。最近の計測から多分いけるだろうと思っていたこれを実戦してみた。距離は10km走るつもりだったが、5kmまでは高速で走り切るって計画。

レースでいいタイム出すためにもスピードを上げて走るトレーニングをラストにしておくことで、自信にもつながるだろうしと。長距離はメンタル大事だしね。

結果、5km地点でのタイムが23:58でラップは4:47min/kmと軽く目標を達成できた。

昨日休養日にあてたからかわからないがその時点でまだ割と余力があったので、調子に乗ってそのまま10kmの目標に切り替えてやろうと思いペースを落とさず走り続けた。

結果、10km地点でのタイムが48:23でラップは4:50min.kmと3minしかペースを落とさずに走り抜けられた。走り始めた頃に立てた目標を大きくクリアし、なかなかの充実感を味わって最終調整を終えた。

左側の写真が5km地点のキャプチャ、右側が10km地点のキャプチャ

目標を設定する

思い通りの調整ができてあとはレースを待つのみ。初めての経験で読めないこともあるし、いくつか目標を定めて臨もうかな思う。誰に師事する訳でもなく完全な独学だがここまでしっかりトレーニングはしたし、高い目標を定めたいと思う(勇気)。がしかし、大きな目標だけ定めて届かなかった時に悲しい気持ちになるのは嫌だ(逃げ腰)。遊びなんだから保険もかけていこうね。うんうん。

完走する

これが一番低い目標でまず間違いなくクリアできるであろうもの。途中で足を怪我するとか、走ってる途中で目の前で事故が起こって救命活動するとか、走ってる途中で吉岡里帆に盲導犬と間違われて「パル・ゴー」って命令されてコース外に走らねばならなくなるとか、ありえない事件が起こりでもしない限りクリアできるであろうもの。

2時間を切る

これが元々目標として立てていたもの。だいたい5:30min/kmのラップで走れば10kmが55分だから20kmなら110分の計算。ハーフは21.0975kmなので、このペースでいけば2時間におさまるというもの。これもよほどの問題がない限りクリアできそう。ただコースにかなりのアップダウンがあるとか、大勢いる中で走るとペースが乱されるとか、そういうレースならではの要素は加味できていないので、油断はできない。

1時間45分を切る

これは今日の結果を踏まえて立てたハードな目標。5:00min/kmのラップで走ってギリギリというもの。今日、10kmまではクリアしているので可能性はあるが、さらに倍以上の距離が延びてペースを落とさずそのままいけるのかは疑問。あまりここを狙い過ぎてペースを乱して2時間を切ることもままならない、となっては本末転倒なので、ここは本当に調子が良かったら狙おかな。

 

こんな感じで3つに目標を割ってみた。結果はまた報告します。

全然関係ないけど、昨日、堀さんにナイアシンフラッシュ経験してみます?って錠剤をもらって試したところ、全くフラッシュしなかった訳だが、それは健康の証だとのことで。超の付く不健康だったはずなんだけどな。今は自覚もある健康体だからな。それも朝ランのおかげだったりするかな。

と、思い返せばだよ、そもそも朝ラン自体が、ショートスリーパーになる過程で朝のもやもやを避ける目的ではじめたんだったよな。元々走るのとか超嫌いだったし。それがまさか自らマラソン大会にエントリーして、完走どころかハードなタイム目標設定して走ろうとしてるなんてね、自分のことながら感慨深いものがあるな。

2か月 ago

1 Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です