【Day92&93】夜更かしからの60分1本勝負 前編

無謀とも言える1時間睡眠を送った昨日とその経緯を綴っておこうと思う。もちろん計画的なものではなく突発的な1時間睡眠へのチャレンジ。2時間にあっさり慣れたのでさらなる高みを目指せるんでは?なんて思い描いていたところではあったが、まさかの1時間。何故そんなことになったか?実際どうだったのか・・・?

翌日である今日は休暇日だったのでしっかり4時間寝て起きて朝ランもしてから仕事。超上向いて無駄にテンションの高い状態で書き始めていることだけは先にお伝えしておかねばなるまい。この後の書き出しからもうおかしいからな。

タイトルの1時間睡眠がはじまる前日に遡る。

 

ホリスター艦長からのお誘い

事の発端は数日前の一本のLINEまで遡る。夜更かしへのお誘いだった。大好きなボードゲームを鼻先にぶら下げられると弱いよね。飲み会に誘われても都内遠いわぁーって文句たれて全然行かないのにボードゲームとなると即答で参加してしまうよね。

そしてそして、ボードゲームだけではなく、メルマガ読者向けのインタビュー撮影も一緒にお願いされた!祝!何が祝かって、出たかったよね。ここに出演する=正式に協会からショートスリーパーに認定されたってことでしょ。

何を隠そう出たがり屋さんでもあるので、ここにはいつか出てみたいな〜と思って動画を見ていたんだよね。まだはじめて3ヶ月しか経ってないヒヨコショートスリーパーにオファーは来ないだろうと踏んでたんだけどね、まさかのオファー。早くも叶ってしまったよね。

てことで、都内での打ち合わせが終わった後、夕方17時頃に現地入り。ま、この時点ではまさかそのまま時計が1週ぐるんと回る時間までそこに滞在するとはつゆ知らずだったけどな。

 

シモーヌ先生との対談

着いて程なくしてインタビューを受けた。が、これは予定していたメルマガ読者向けではなく、教会に密着取材に入っていた某テレビ番組のもの。何を聞かれ何を応えたかは覚えてないがどうもいらんこと言ってしまった気がする。プライベートな話なので損害があるのは自分のみだしまー笑い者になればいいか。

その後、ようやく本題のメルマガ読者向けに配信されている受講者インタビュー撮影。他の受講者の方にインタビュー動画からは少なからず良い影響を受けたので、自分も誰かの役に立てればという思いがあった。自分には何を伝えられるだろうかーなんて考えつつも、天然シモーヌ先生とどう絡めば面白くなるかと色々考えていた。

通常インタビュアーやイベントでモデレータやる時には、出演者と話す内容の事前すり合わせをする。そのノリで事前に質問事項を聞いて、テレビの出演者アンケートよろしく質問ごとに回答を書いてお返ししておいた。これで頭の整理はできたのでインタビュー中に迷子になることはなかろう。

と、思いきや、シモーヌ先生の冒頭の一言でぜーんぶ吹っ飛ばされたよね。見える位置にパソコン置いてーの、質問と回答を画面に表示させーの、それを横目で見ーので、

「じゃあ、いつも通りアドリブでいきますね!\(^o^)/」

質問に回答した意味!!!!!!!

その後、パソコンの画面には一瞥もくれず話し続けたよね。じゃあむしろなんでそこにパソコンを置いておいたのかと。いやはやさすがシモーヌ先生。

たしかに、どんなことしゃべればいいですかね〜なんて質問したのはこっちからだった。一人相撲乙。オッケーシモーヌアドリブでゴーだ。

そんな感じではじまった訳だが話が迷走することもなくスムーズに進む。いやはやさすがシモーヌ先生。

終わってみての感想はとにかく楽しかった。中身はその内配信されると思うのでここでは割愛するが、メルマガ読者の方の背中を押す何か、勇気あるいはやる気といった類の何か、あと個人的には笑いを届けられていればこれ幸い。

明らかにしゃべり過ぎなので編集する方には迷惑千万でごめんなさい。とか言いつつまだまだ全然しゃべり足りないってか、やっぱしゃべるの楽しいな。ラジオのパーソナリティとかやりたいわ。

パリスのショートスリーパーレィディオ!

とか始めてやろうかしらね。

 

筋トレはじめまーす

え?筋トレ?何をするかちゃんと聞かずに来たこっちも悪いのだがボードゲームの前にまさかの筋トレをすることに。

もちろん筋トレする格好など持ってきてはいない。インタビュー動画撮られる用の柄モノのシャツ&セーターというコーディネートである。そのまま筋トレに突入である。

こんな格好でなんだったけどはじめてベンチプレスを経験させてもらったり、懸垂がとても大変なことだと知ったり、良い筋トレ体験をさせてもらった。艦長の熱血指導付きなのでバランスよく鍛えられただろうと思う。

個人的にとても気に入ったのは鯉の滝登りのような動きで腹筋を攻めるアブクラッシャー(だっけかな?)。家にも置けそうなサイズだったので買おうかなと思ったほど。夏までに腹筋割るにはこれ使えるかも。

 

ホリスター艦長からのお誘い パート2

なんだかんだやっててボードゲーム開始のタイミングで時計は23時を回っていた。こっから多少重めのボードゲームをはじめると確実に終電に間に合わない。品川0:04発が茅ヶ崎に戻る最後の列車だったので、23時半頃には出発しないといけない。

このタイミングで、何食わぬいたずらっ子顔で、本当の夜更かしへ向けお誘いをするホリスター艦長の素敵な笑顔は生涯忘れない。

「始発まで4時間しかないですね\(^o^)/」

 

始発が終電という真実

雷鳴に打たれたよね。全く気付いていなかったが「始発が終電」ってのが正解。終電とは、ちゃんと家で寝て起きて次の日も仕事に遅刻しないために設定されている社会インフラである。あくまで通勤という概念のある設定だがここでは一旦そう定義させてほしい。

2時間睡眠を安定させた自分にとって最悪何時まで寝ればいいか?と考えてみる。朝ランなど朝活を無くして通常出社時間に向けたギリギリでいくなら7時に寝ればいい。9時に起きて15分で準備して家を飛び出せば10時までにはオフィスに着く。シャワー浴びたり歯を磨いたりする時間として30分程度の余裕を見ておくとして6時半に帰り着けばいい。それに対して始発がこう。

渋谷(4:49)→茅ヶ崎(5:56)

駅徒歩3分くらいなので6時過ぎには家に着く。むしろ余裕残しである。2時間睡眠のショートスリーパーにとってもはや終電は始発なのである。艦長ありがとう。またひとつ階段をのぼった気がするぜショートスリーパーバンザイ。

 

朝までSCYTHE

朝までやる覚悟を決めてボードゲームに突入。SCUTHE(サイズ)今回初めてやったがとても奥深い。実力と運の両方ないと勝てないバランスの良いゲーム性が秀逸だった。

1ゲーム目はやり方を教えてもらいつつ人の真似してプレイして覚える努力をする。惨敗。 なんとかやり方を覚えて2ゲーム目はようやく自分でプレイしている感覚が芽生える。惨敗。ラスト3ゲーム目こそは上手いプレイで上位に食い込んでやると意気込む。惨敗。全く相手になっていない。奥が深いゲームだ。

負けて失敗しても楽しかったゲームとは違い、ちょっと痛い失敗だったなと思っているのはカミン様の召喚。ボードゲーム開始前に1度だけはさめたが、これがその日2回目であり、3回目は入れるタイミングが無かった。ここんとこ絶対に3回確保をしていたのにまさか短眠本拠地で崩すとはいただけない失態であった。

 

帰路そして起動

なんだかんだしてて始発より少し遅くなり、6:16発で品川から茅ヶ崎へ向かう。東海道線の車両は意外と混んでいた。絶妙に座れない。ま、特段座りたかった訳でもないのでいいのだが、この朝の時間帯に都内から神奈川方面に向かう人の流れがこんなに多いとは思ってなかったので驚いた。

家に着いたのが7時半前で即寝ても2時間の確保が難しい状況となった。筋トレした後とってもあったかい部屋で徹夜でボードゲームしてきた身体のまま寝るのはどのみち辛いし、どうせならシャワーではなく湯船につかろうと決めてお風呂をいれる。この時点で睡眠時間を1時間にすることを決めた。

お風呂を出て支度を整えた後、目覚ましを9時にセットして8時に眠りにつく。果たしてこの状態で普通に仕事に行けるのだろうか。60分1本勝負の幕が上がる。

後編につづく。

——–
ショートスリーパー診断を試してみる!?

ショートスリーパー診断とは ショートスリーパーを目指そうとする人にまずやって欲しい適正診断的なもの。「ショートスリーパーになるために必要な3つの条件」のコンテンツとして書き起こしたものだが、なかなか好評なのでこれだけ単体で記事化した。
まずはお試しください→ ショートスリーパー診断

6か月 ago

1 Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です