【Day90】2時間睡眠へスムーズに移行できた理由について考える

突然思い立って2時間睡眠にしてみたところどうもあっさり安定したっぽい。早とちりか?勇み足サミーか?油断大敵か?とにかくそんな意外な状態なので、今後の自分のために分析しておこうと思った。もしかしたら時間短縮に悩んでいる仲間のショートスリーパー達の役に立つこともあるかもしれない。

ちなみにDay89がないのはご愛嬌として欲しい。昨日書き始めた日記だがまとめていく内に重くなったので、ある程度まとまったものにして公開した方がいいと判断した。そしてタイトルをDay89&90としてみたがいいが、どう考えてもDay90単体の方がスッキリするし区切り的にもその方がいいと判断して単日にした。

では、まずここまでの睡眠時間の変動から振り返ってみる。

11/14 スタート 7→3時間へ

セミナーに参加したことをきっかけに思い立ってやってみた。7時間から一気に3時間へ。思えば無知だったこの時期はそれ故の誤った行動が多く失敗を重ねていた。風邪の脅威などにさらされながら、ショートスリーパー訓練の大きな壁のひとつらしい年末年始もなんなくクリアして安定と言えるところまで持っていく。

これを書いていて、今だから思うこともひとつあるので書いておく。当時3時間で安定したと思っていたが、やはり油断すると危なっかしいところはあった。うたた寝しちゃうとか丑三つ時に苦しみを覚えるとかね。でもそこから一歩踏み込んで時間を短縮させた今こそ、本当の意味で3時間睡眠が完全に安定したと言えるのかもしれない。休暇日の4時間で異常に頭が冴える今だからこそ言える感覚なのだが、時系列からついはみ出したので、少し話を戻そう。

1/7 岐路

自分なりに3時間は安定したと実感できていたので、次のステップとして休暇日を外す訓練をしていいかと相談したところ、3時間睡眠でいいんですか?と逆に質問された。みなさんどーですかこの質問!(いい意味で狂ってる)これがショートスリーパーの中でも神々の領域にいるシモーヌ先生の発言である。

アドバイスとしては、睡眠時間を短くしていく場合はまた休暇日が必要になるので短くする気があるならそっちが先とのこと。短くしたいかどうかなんて考えていなかった。3時間を安定させる=休暇日の補助がない状態にするのだと思っており、そこを目指していたからだ。新たな概念に出会いここからしばらく考える期間に入る。

結論を出すまでの10日ほどの時間を費やした。いや、実際そこまで考えた訳でもなく、考える軸もないまま時間だけが経過していった。しかしその時間の経過こそが睡眠時間を削ってみる方向に腹を決めさせた。既にやりたいことを探して追加するような状態でもあったし、起きてる時間をたった30分伸ばすことに価値は見出だせなかった。それなのに短縮側に振った理由は、一度ショートスリーパーの頂点の景色を見てみようかという気持ちから。後悔することになるとはつゆ知らず。

1/18 時間短縮1回目 3→2.5時間へ

変更して1週間くらいはきつかった。たった30分の削りがこうも影響を与えるとはいやはや驚きである。ハッキリと思い出せないし比較も難しいが、セミナー参加後に3時間睡眠に移行した時に感じた辛さを思い起こさせるような感覚だった。頂点の景色を見てみようか、なんて軽い気持ちではじめるようなことではなかったと思いつつも、こんな半端な地点で負けて引き返すことはできない性格なので突き進む。

2週間ほど経過して安定してきたかなと思っていたところに超難関が立ちはだかる。2/2にショートスリーパー史上最大の大失態をおかしてしまう訳である。

最悪の一日の日記はこちら→【Day81 & 82】史上最悪のしくじりを招いたUSJ大阪紀行

猛省して翌日からは気持ちを立て直してしっかり過ごし、その結果、ズルスル行きそうな流れを止めることに成功。その1日をのぞけば概ね安定の2.5時間といえる経過となった。

2/6  時間短縮2回目 2.5→2時間へ

深く考えた訳ではなかったが思い切って2時間に移行。2/2からのリカバリー後の過ごし方で、仮眠さえしっかり取れば問題ないと確信してのトライだった。おそらく1週間は耐える必要があると思ったが、背中を押してくれたのがもう少しではじめて3ヶ月経過するという期間的なものであった。

はじめる時に意識したことは、何があっても3ヶ月間はやりきろうということだった。1ヶ月強でほぼ安定まで持っていけたのでその気持は薄れていたが、3ヶ月という区切りのタイミングで、「2.5時間」より「2時間」の方が耳障りのいい結果だと思ったこともある。

となると、2.5時間を安定させたその勢いのまま一気にいった方がいいかもしれない。一呼吸おくとまた勇気を振り絞らないといけない。基本弱虫さんなのでね。勢いに任せる楽な選択をしたという見方もある。

2/11 2時間挑戦中

ちょうど今晩セッションがあるので、その時にシモーヌ先生に話せば無謀と言われるかもしれないが、とりあえず本日までは崩れることなく、そしてさして辛いこともなく推移してきている。今回切り替え時にやった独自の工夫が、即翌日に休暇日を入れて緩和させる作戦だった。

そう。こんな感じで推移させた。
[2/6] 2時間 → [2/7] 4時間 → [2/8-10] 2時間 → [2/11]  4時間という推移となっている。ここまでで休暇日を2回はさんでの6日目である。まだ1週間も経過していないので油断してはいけないとは思うものの、2.5時間にした時より格段に身体の順応は早い。大丈夫な気しかしない。

2時間睡眠へスムーズに移行できた理由

お待たせしましたようやく結論。結論って言ってもあくまで自分でこう考えたというだけなのだが。

理由1 カミンのチカラ

理由を3つくらい書くつもりだが割とこれに尽きるかもしれない。とにかく徹底的に3回にこだわってやってみている。1回も「今日は取れなかったわ〜」なんて諦める日は作れない。外にいようが予定があろうが遂行している。USJの悲劇から学んだことが活きたとも言える。

理由2 休暇タイミング

今回は2時間に移行させた即翌日に休暇を挟んでいる。2.5時間の時は休暇明けから3日間トライしたが、今回は1日だけがんばってすぐ休暇という状態で初日の負担が少なかった。もちろんこの初日はあまり意味がなかった可能性もあるが、イケるという自信だけ持って終えた1日目、休暇日を超えてからの3日間という取り方が功を奏した(のかもしれない)。

理由3 夢中になれる何かがあること

今この瞬間、時間を割きまくってもやりたい、調べたいことができていた。突然思い立ってはじめたことなのでたまたまではあるが。3連休という緩みが出るタイミングだったにも関わらず、この時間が足りないという感覚で過ごせたのは大きい。寝る間を惜しんでやりたいことがあるのってショートスリーパーの本来の姿でもあるだろうしな。

以上が今回スムーズにいってる理由だと考えてみた。将来の自分にも睡眠時間を削りたい誰かにも全く役にたたないかもしれないがそれはご容赦を。

 

さて、これで本当に2時間が安定したと仮定しよう。セミナーなどで話されていた内容から考えると、いわゆるこの2時間地点が凡人の到達点。こっからシモーヌ先生を含める講師陣の90分世界になってくると全く世界が違うらしい。いよいよそっちの世界ものぞいてみるのか、凡人の頂点までで満足しておくのか、また悩ましい岐路に立たされた。いやーしかしショートスリーパーはじめた当初にこんなこと考えると思わなかったなぁ。楽しい悩みとしてしばらく温めてみようと思うよ。

 

筆者も受講して即日3時間睡眠に変化した目からうろこノウハウを詳しく丁寧に教えてもらえる説明会の開催日程はこちらから→ Nature Sleep 説明会

10か月 ago

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です