【Day34】ショートスリーパーNT

朝から冷たい雨。もちろん朝ランもお休み。のんびりと朝の時間を過ごし空いた時間でひとしきり今日の仕事の連絡をする。雨の中オフィスへ向かう途中にあるコンビニに寄ってコーヒーを買うのも面倒なのでステンレスボトルにコーヒーを淹れる。雨だし月曜だし電車遅れそうだなぁと思いつつまだ全然早い時間に家を出る。

ショートスリーパー修行を始めてから本当に朝の時間には余裕が持てるようになった。良きことかな。

昨日も少し書いたけど休みの日に誰とも会う約束をしていないと生活から「会話」が欠落する。せいぜい店員さんとレジ前でひとことふたこと挨拶程度のやりとりをするくらいはあるが、それ以外は会話どころか声さえ出さない。

この土日は完全にそうなってしまった。

土曜は元々予定があった。出張で日本に来てる仕事仲間達と一緒に鎌倉巡りの予定だった。が、急遽仕事が入りリスケになった。その後サーフィンのお誘いを受けたので行こうと思っていたが、うまく連絡をとりあえずそれもまたの機会に。これで人と会う予定はなくなり土日丸っとお一人様確定。

昨日は家族やカップル、友達が連れ立って集まってきてるモールに出かけランチ、買い物、映画と楽しんだ。いや強がってるわけではなく別に普通に楽しい。その後さらにジムに行ってディナーしてから帰ってきた。充実した一日だったと言えよう。振り返ってみても、その間、ほぼ声を発した記憶はない。

なんだろう。家に引きこもっていないけど引きこもりみたいな。引きこもりの定義は文字通り家ないし部屋に引きこもることなんだろうけど、その定義の中にはリアルな人とのコミュニケーションを廃しているということも含まれている気がする。それで言うとこの土日の活動は、アクティブな引きこもり、みたいな表現が適している気もする。いや、どーでもいいことなんだけどね。

この文末でようやくショートスリーパーへの道らしきところに触れる訳だが、やっぱり誰かと会話するのは大事なことのような気がする。1人でいると感情の揺れ幅は小さい。つまり脳に与える影響は少ない。仕事でもPCに1人向き合う黙々作業系より誰かと話しながら進めるプロジェクトの方が良くも悪くも揺れる。短眠生活はこの揺れをうまく利用することが大事だと思いはじめていたので、悠々自適なお一人様活動も考えものかもなぁと思った次第。

あと、別の視点でもね、こんなにお一人様でも全然楽しいと脳と身体を慣れさせてしまうと、誰かと一緒にいることが煩わしくなってしまうかもしれない。それは人間という生物というか、この社会においてとても怖いことな気もする。もう少し仕事以外でも人との接点を増やそうと反省した週明けの朝でした。

ちなみにタイトルのNTは昨日観た映画に引っ張られてつけたもの。ナラティブの略だがニュータイプから来ているNT。ニュータイプは宇宙に出て可能性が広がり会話などしなくても通じ合える新しい人のことらしいですよ。意味深。

さて、さっき気づいたのだが、せっかく淹れたコーヒーは家に忘れてきた。コンビニに寄ってコーヒー買っていこう。意味無。

Day34 12/17 睡眠 4.5h(アラーム) 体重 -kg 朝ラン 雨不走

< ショートスリーパーDay33 │ ショートスリーパーDay35 >

2年 ago

2 Comments

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です